up

楔形文字を書く ~ 失敗編

楔形文字 空想神話のデザイン術

神話をより身近にするために、実践はとても大事。ということで楔形文字を実際に書いてみようというチャレンジです。

そして、いきなり申し訳ないのですが今回は失敗編です。スタイラス(尖筆)の選択を間違えてうまくできませんでした・・・。しかし、その失敗のプロセスも明らかにしておきます。これは反面教師として頂きたく。


まず、100円ショップで紙粘土とお盆を購入。お盆は紙粘土が乗るサイズならなんでもよいです。


お盆にラップを巻きます。乾いたあとに取り外しやすいようにという狙いですね。


思い切ってドカっと紙粘土を投下します。


伸ばし棒はなかったので、手のひらを押しつけて伸ばしていきます。


全面に行き渡ったらOK。厚みは1cm前後残しておきたいですね。ここまできたらあとはここにスタイラスで文字を刻んでいきます。
ここまでは問題なかったのですが、スタイラスが悪く刻みがうまくできない。


アッシリア語版ギルガメシュ叙事詩の一節を写本(?)していたのですが、どうやら先端が尖ったものを使うのは間違いのよう。


なんとなく粘土版っぽいものはできましたが、コレジャナイ感がとてもあります。


粘土版のほうは問題なさそうですが、どうやら筆の選択が間違っていた模様。先端は四角や丸のものが必要になりそうなので、新たなスタイラスを手に入れて再チャレンジします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご覧頂きありがとうございます!よろしければこの記事の紹介、拡散にご協力ください!

タグ[楔形文字]の記事

楔形文字を書く ~ リベンジ編 2013/07/05 18:21 枇々木聖
楔形文字を書く ~ 失敗編 2013/07/04 21:56 枇々木聖

タグ[空想神話のデザイン術]の記事

オーブン陶芸粘土を使って楔形文字粘土版をつくる ~ 焼きあがり編 2013/10/23 14:51 枇々木聖
気候区分を学ぶ(1) : 気候が神話に与える影響を加味したい 2013/10/18 19:10 枇々木聖
領域と経路に抽象化した空想の世界地図モデル 2013/10/11 20:52 枇々木聖
空想神話作りのための世界シミュレータ設計 2013/10/07 17:52 枇々木聖
オーブン陶芸粘土を使って楔形文字粘土版をつくる ~ 下ごしらえ編 2013/07/19 19:56 枇々木聖
多くの神話は「声の文化」に生まれ、「文字の文化」によって死んだ 2013/07/12 17:11 枇々木聖
空想言語メモ 最初の一歩 2013/07/09 17:05 枇々木聖
実践 オリジナル楔形文字のつくりかた ビギナー編 2013/07/08 19:26 枇々木聖
空想言語のデザインに向けて 2013/07/06 22:26 枇々木聖
楔形文字を書く ~ リベンジ編 2013/07/05 18:21 枇々木聖