up

13世紀の金属、鉱物観 後篇 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(4)

錬金術


関連項目: ロジャー・ベーコン

前回に続きロジャー・ベーコンの著作、Radix Mundiから金属と鉱物に関するセクションを取り上げます。

Roger Bacon (1219-1292)
from the Radix Mundi
Chapter 37 : Of the Original of Metals, and Principles of the Mineral Work.

金属が発生する仕組み

我らが硫黄たる太陽と同じ作法で、濃密になった水銀によって水銀に還元される。そして固有の大地と混合し、適度な熱で煮出す。それにより蒸気と雲が生じる。
それは霊妙な水、すなわちSoul, Spirit, Tinctureとなる。
水は大地から出て、また戻る。そして広がり混合し、固定される。賢者はこれを術によって短時間で行う。

前編から繋がる内容です。金属のもとになっているものが世界をめぐり、最終的には何らかの物質になるということが様々な言い方で説明されています。元素、水銀、硫黄の変容によって物質が作られるその流れを、錬金術師は短くすることに意味があるわけです。

自然が行う働きを深く知り、そこからその働きを再現しようという考えは当時の学者や錬金術師の思想を理解するためにとても大事です。単に金を作ろうとしたわけではないのです。

この術の特性

我々が金属を生成するのではない。ある物を別のものにすることはできない。それは自然の力によるものである。
我々はこの術において、自然の従者(servants)にすぎないからである。
それは大地や山の体内で作られる。しかし、術なしでは何の力もなく、元素を動かすこともしない。
自然の鉱物を選ぶよう、アリストテレスは勧めている、そして鉱物の体を生成さしめるためそれに術をかける。
また、金属の始まりを知らなければならない。でなければ、この術を完成させることはできようはずもない。

続けて、術に関わるものにとって重要な心構えが示されます。術者が何かをするのではなくあくまで自然の力によるものなので、自然の従者として術を行うには金属の起源を知る必要あるわけです。

ゲーベルの助言

ゲーベルはこう言っている。もし自然の原理を理解していけなければ、術の完成には程遠い。鉱物の根源を知らなければいけない。
またゲーベルはこうも言っている。自然の事物について真に理解していなければ、我らの術を理解し、学ぶことはできない。物質と自然の原理を探求する叡智を持たねばならない。
そしてゲーベルは言う。汝はすでに知っているとしても、私は秘を示す。それでも万物において自然に倣うことはできはしない。あらゆる特質と差異を自然に習おうとする試みは失敗である。

最後はゲーベルの言葉を引用します。ここでも自然の原理を理解することが大事と繰り返します。しかし、最後にやっぱりだめとかどうしていいのかわかりません。

実際、数百年のあいだ見当違いの事を続けていたわけですからどんどん記述の意味がわからなくなっていきます。意味不明なところを受け入れながら読んでいくしかないようです。


次は来月の講座が終わってから掲載予定。最後はニコラ・フラメルの著作です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご覧頂きありがとうございます!よろしければこの記事の紹介、拡散にご協力ください!

タグ[錬金術]の記事

ニコラ・フラメルの著書にける硫黄と水銀の扱い : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(6) 2013/07/10 23:22 枇々木聖
錬金術師ニコラ・フラメル : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(5) 2013/07/07 23:53 枇々木聖
13世紀の金属、鉱物観 後篇 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(4) 2013/06/29 18:28 枇々木聖
13世紀の金属、鉱物観 前篇 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(3) 2013/06/26 23:25 枇々木聖
ロジャー・ベーコンと「Radix Mundi - 世界の根源」 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(2) 2013/06/23 11:53 枇々木聖
中世ヨーロッパへの伝播 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(1) 2013/06/16 17:09 枇々木聖
太陽(Sol) = 金(Gold) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(11) 2013/06/15 19:45 枇々木聖
水銀(Argentvive) = 水星(Mercury) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(10) 2013/06/13 17:41 枇々木聖
砒素(Arsenick) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(9) 2013/06/12 19:30 枇々木聖
硫黄(Sulphur) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(8) 2013/06/11 15:18 枇々木聖