up

金属の自然原理について : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(6)

錬金術


関連項目: 錬金術師ゲーベル

Geberの著作、 The Sum of Perfectionの一部を読んでいきます。このタイトル、日本語訳が非常に難しいですね。まずSumは合計、総括ともいえるし概要ともいえます。Perfectionは完全や熟達という意味ですが、これは錬金術を熟達するという意味にも取れますし錬金術の過程や作業そのものをPerfectionと呼ぶという解釈にも取れます。

そもそも英語訳自体が原典から距離があるため、原義を汲み取るのが難しくなっています。
まずギリシャ語もしくはコプト語の文献を読んだ学者がアラビア語に翻訳。その書を読んで学んだ者がアラビア語で書いたものがラテン語に訳され、さらに英語に訳されているわけです。とはいえヨーロッパ系言語であればまだ構造が近いのでましなのでしょうが、日本語になると基本構造が違うので非常に困ります。

そういった点もあり、このシリーズの記事では所々英語のままの部分や併記している部分があります。そこを無理に訳すとかえって分かり難くなると判断したためですのでご了承ください・・・。

【関連記事】
1:アラビアの錬金術事情
2:錬金術の思想とプネウマ
3:Magistery(自然変成力)
4:元素の分離とTincture
5:錬金術師Geber


Jabir ibn Hayyan (8c) / Pseudo-Geber(13c)
from Of the Sum of Perfection : The First Book
The Third Part of this First Book: Of the Natural Principles, and their Effect.
Chapter 2 : Of the Natural Principles of Metals, according to the Opinion of Modern Philosophers, and of the Author

この章に書かれていること

タイトルは「(当時の)現代の哲学者、著者の意見による金属の自然原理」といった意味合いです。つまり当時の金属に対する考えがまとめられているわけです。そしてこの章では水銀と硫黄が重要なキーワードとして出てきます。

  • 水銀と硫黄は(重要ではあるが)原理(=Spirit)ではない
  • しかしEarthの中に入り変化、変換される
  • 自然の意思によりそれは起きる(鉱山で?)
  • 大地の中に流れ、溶け、蒸気になる
  • (おそらく)それが煮出し続けられ、厚く(Thickned)硬く(Hardned)なることで金属が作られる
  • 彼ら(おそらくModern Philosophers)は真理に近づいてはいるが、まだ完全な推論に辿りついていない

大体このような内容が書かれている・・・はず。当時の人々が金属をどう見ていたかが朧げながらも伝わってくるのではないでしょうか。

Argentvive=水銀

この章およびこの後の章で度々Argentviveという言葉が出てきます。現代ではほぼ使われない言葉ですが、これは水銀のことを指しています。Argent=古い言葉で「銀」、vive=古い言葉で「生きている、生き生きしている」といった意味で、繋げると「生ける銀」になります。
水銀を目の当たりにした古代人が「これは生きている銀だ」と思うことは自然な感覚といえるでしょう。


次回は著作から少し離れ、金属と惑星の対応について書きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご覧頂きありがとうございます!よろしければこの記事の紹介、拡散にご協力ください!

タグ[錬金術]の記事

ニコラ・フラメルの著書にける硫黄と水銀の扱い : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(6) 2013/07/10 23:22 枇々木聖
錬金術師ニコラ・フラメル : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(5) 2013/07/07 23:53 枇々木聖
13世紀の金属、鉱物観 後篇 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(4) 2013/06/29 18:28 枇々木聖
13世紀の金属、鉱物観 前篇 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(3) 2013/06/26 23:25 枇々木聖
ロジャー・ベーコンと「Radix Mundi - 世界の根源」 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(2) 2013/06/23 11:53 枇々木聖
中世ヨーロッパへの伝播 : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート 中世ヨーロッパ編(1) 2013/06/16 17:09 枇々木聖
太陽(Sol) = 金(Gold) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(11) 2013/06/15 19:45 枇々木聖
水銀(Argentvive) = 水星(Mercury) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(10) 2013/06/13 17:41 枇々木聖
砒素(Arsenick) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(9) 2013/06/12 19:30 枇々木聖
硫黄(Sulphur) : 原典で辿る錬金術の歴史 講義レポート アラビア編(8) 2013/06/11 15:18 枇々木聖