up

ゼロからはじめるスチームパンク風メンズファッション

ファッション スチームパンク

つい最近、スチームパンクファッションというものをはじめました。スチームパンクについては検索していただくとして、今まで物語としては好きだったもののファッションを楽しむという発想はありませんでした。

たまたま2013年4月末にスチームパンクファッションを楽しむ人々の集まりに参加し、面白そうだったので早速試し始めることにしました。それからだいたい1ヶ月強くらいが経っています。
それまで何も持っていなかったので、ほんとにゼロからのスタート。しかし今では特にイベントがあるわけでもないのにゴーグルつけて出かける日もある、そんな有様になってしまいました。いや、それはそれでダメな方向に向かっている気もするんですが、気にしてはいけません。

せっかくなので、記憶があるうちにここ1ヶ月で考え、実行したスチームパンク風ファッションの始め方を書いておこうと思います。一応「神話と物語」なので物語のジャンルとして対象に含んでいい、はず・・・!

この写真はちょっと前のものですが、こういったファッションです。住んでいるのが下北沢近くなせいか、「あれ、このくらいならまだ大人しいほうでは?」と最近変な慣れが出てくる状況。

共通するポイント編

色味はアースカラーとモノクロ。具体的には「黒」「灰色」「白」「カーキ」「アイボリー」「茶色系全般」の中で組み合わせる。
白を使う場合、青系、緑系の白ではなく黄色系の白を使いましょう。スーツ用の白シャツはものによって青系になるので注意してください。

【ベースは無地(柄無し)で揃える】
柄物はやめて、全て無地のものにする。ヘリンボーンのように同色で質感を出すための柄なら大丈夫かな。スチームパンク風にする場合、小物類が多くなるので柄物だと邪魔になります。
なので初心者は基本的に無地のもので揃えましょう。

【マイナスポイントを減らす】
現代風の柄や素材を使う場合、うまくやらないと雰囲気を落としてしまいます。
そういったものは上手になってからにしましょう。

【小物を細かく積み上げてポイントを稼ぐ】
小物がないとただの洋服になります。できるだけ多く小物を積み上げてポイント稼ぎをしましょう。ただし、マイナスになるようなものは意味がないものはつけなくていいです。

【キーとなる素材、モチーフを使う】
歯車、真鍮、革、ゴーグルといったキーになるアイテムを盛り込んでいくことでなんとなくそれっぽい雰囲気が出てきます。
ボーナスポイントを入れていきましょう。

具体的なアイテムチョイス編

【トップス】

もっとも安上がりで作りやすいのは「ワイシャツ+ベスト」の組み合わせだと思います。なのでここから始めましょう。
まずワイシャツですが、白いワイシャツを買ってきましょう。ただし、色味のところでも書いていますが青系ではなく黄色系を。
少し小難しい話ですが、日常の中に「本当に白い、完全な白」のものはほとんどありません。大抵は「白に非常に近い何か別の色」のはずです、その点は注意しましょう。明るい場所でよく見れば何系かはわかるはずです。
ベストは革のベストがあればいいんですが、普通のベストでもよいと思います。色と質感には注意しましょう。

【ボトムス】

細めのカーゴパンツが手に入りやすい中ではそれっぽくしやすいです。色もそれ系が揃ってます。デニム生地、チノパンは初心者のうちは避けたほうがいいと思います。
細めと言っても、ピチピチというわけではなくやや細いくらい。カーゴパンツはブカブカ系も多いので、「カーゴパンツとしては細め」というレベルで。

【シューズ】

茶系の革ブーツを履きましょう。ロングブーツの方がいいんですが、はっきり言って歩きづらいのでローカットの靴でもよいと思います。普段使いにはローカット、気合を入れる時にはロングブーツと2つあると便利ですね。
靴を買う場合、できれば古着屋でそこそこ使用感があるものを買ったほうがよいと思います。スチームパンクでピカピカの革靴ってのもそれはそれで、ねえ・・・?

【帽子】

シルクハットもいいのですが、普段着としては使いにくくなります。ソフトハットや、形がシルクハットに近いものをいくつか買いましょう。古着屋なら安く購入できます。

【ゴーグル】

とても重要なアイテムなのでどうにかして手に入れましょう。自分で作っている方が多いようですが、初心者がいきなりやると挫折する可能性もあります。
普通の服屋にはまず置いてないですが、Etsyで「Steampunk Goggle」とか検索すればいっぱい出てくるので、気に入ったものを注文しましょう。日本に発送可能な商品だけに絞り込みできます。
http://www.etsy.com/search?q=steampunk%20goggle&view_type=gallery&ship_to=JP&ref=auto1

英語がわからない?別にそんなに難しい英語ではないしどうにかなるでしょう。そもそも、スチームパンク楽しむなら英語レベルは高いに越したことないのでがんばってください。翻訳ソフトという文明の利器もあります。
Etsyはゴーグル以外にもスチームパンク系のアイテムが豊富にあるので末永く利用することになるのは間違いありませんし。

【ベルトとベルトポーチ】

茶色系の革ベルトを適当に買ってきましょう。古着屋に行けば1000円前後で買えます。ポーチ類はあまりいいものが見つかっていません・・・。大きなものよりは、小さいものをいくつか連ねたほうが雰囲気が出るのではないでしょうか。

【小物・アクセサリー】

小物類はアンティーク系のものを買っていきます。モチーフが入っているもので気に入ったものを買いましょう。私は古時計の部品と針金を使って少し改造しました。

【バッグ】

良いものを買うなら高いですが、革っぽいバッグを使うだけでも問題ないと思います。鞄のショルダーベルトは腰用のベルト、時計パーツ、針金を使って改造しています。
簡単な改造であれば針金と部品だけでもできるので、初心者でもどうにかなります。

入手方法と、かかる費用

全身揃えるとなると結構な数のアイテムを購入する必要があるので、ひとつひとつは安くしていきたいところです。
私はベース部分をほとんど下北沢の古着屋で揃えているので、揃えた数の割には費用はかかっていません。一部高いもの(鞄、時計)がありますがそれ以外はほとんど1000円以下、高くて5000円。
高いものを買って一張羅になるより、安いものでもある程度コーディネートできるくらいの数を揃えたほうがよいと思います。

よく行くお店、よく見るサイトはこちら。

スティックアウト(税抜700円均一の古着屋)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01267

RAGLA MAGLA(990円均一の古着屋)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01429

DonDonDown on Wednesday(古着屋)
http://www.dondondown.com/

GRAPEFRUIT MOON(古着屋)
http://www.grapefruitmoon.jp/shop.html

Flamingo(古着屋)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01503

WEGO(古着屋、洋服)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01499

BIG TIME(古着屋)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01502

TRADE MARK(古着屋)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01162

NEW YORK JOE EXCHANGE(古着屋)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01184

TIME MACHINE(アンティークショップ)
http://love-shimokitazawa.jp/shops/detail/01054

Etsy
https://www.etsy.com/
ゴーグルのところでも書きましたが、世界中のハンドメイド作家から作品を購入できるサイト。日本向け発送をしてくれるショップも結構ある。

普段使いのファッションへ

この記事で目指しているものは「スチームパンク"風"ファッション」です。なので普段から使えないと意味がありません。
ファッションとして活用するには「いつも同じ服」にならないよう幅を増やす必要があります。これは私の考えですが、「同じ格好で同じ人に連続して会わない」のが重要だと思っています。もちろん多人数で会う場合タイミングの問題でたまたま同じ格好になってしまう事はあると思います。
とはいえ、「10回会って9回同じ格好(服装が2パターン)」と「10回会って3回同じ格好、そのうち2回がたまたま連続した」では印象が違ってくるはずです。そういう私もそこまでちゃんとできているとは思えませんが、心構えとして・・・。

【ベースになる服を増やしてコーディネートの幅を増やす】
春秋であれば「ワイシャツ+ベスト+カーゴパンツ」のバリエーションを増やせばそれだけでコーデを増やせます。古着屋で使えそうなものを見つけたらどんどん買いましょう。

【小物のつける量を変えて「濃度」を調整する】
ゴーグルを外して、小物を外せばスチームパンク感はほとんどなくなります。ゴーグルは基本つけておくとして、他の小物類でTPOに合わせた濃度にしましょう。
職業によっては、仕事の打ち合わせにも使えるでしょう。

次のステップへ

これは私自身もまだできていませんが、ここから先は以下のチャレンジが待っているはずです。

  • 冬服に挑戦する
  • 小物のクオリティを高めていく
  • 大掛かりな装飾品に手を出す
  • ベースのパターンを変える
  • ハンドメイドの世界へ

自分に合ったやり方で少しずつ試していきましょう。

最後に

【好きな服を着よう】
ここまでの例はあくまで私の事例です。スチームパンク風を意識していますが、もともとこういった系統の服装は好きだし買った服も基本的に自分が気に入ったものばかりです。
スチームパンク風にすることを第一目標にするのではなく、好きな服を着てスチームパンクらしくできるようになるのがいいと思います。

【失敗を恐れない】
新しいファッションに挑戦すると結構な確率で失敗します。それは仕方ないので、まずは失敗を恐れず試してみて徐々にレベルを上げていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご覧頂きありがとうございます!よろしければこの記事の紹介、拡散にご協力ください!

タグ[スチームパンク]の記事

米スチームパンク作家が語る、スチームパンクファッションのアドバイス 2013/06/27 18:58 枇々木聖
スチームパンク風アクセサリ自作はじめの一歩 2013/06/24 16:31 枇々木聖
取っ掛かりのキーワード : スチームパンク航海誌 2013/06/20 18:30 枇々木聖
記事シリーズ開始+Wikipedia活用法 : スチームパンク航海誌 2013/06/18 18:27 枇々木聖
簡単なアレンジで作る(?)スチームパンク風ファッション小物 2013/06/14 22:46 枇々木聖
ゼロからはじめるスチームパンク風メンズファッション 2013/06/03 22:46 枇々木聖